毛ガニの旬

MENU

いつが食べ頃?毛ガニが美味しい旬

北海道を代表する毛ガニは、他のカニと比べるとサイズが小ぶりで身も少なめ。
しかし、甲羅の内側にはカニ味噌がたっぷりと詰まっていて、この濃厚な味がカニ味噌好きな人にはたまらないカニの種類です。

さて、カニと言えば冬のイメージが強いですが、実は毛ガニの場合は産地によって旬の時期が異なります。
そのため、毛ガニは一年中美味しいものが楽しめるということをご存知でしたか。
大まかに毛ガニの産地を分けると、まずひとつは北海道の場合は道北から道東にかけての「宗谷・オホーツクエリア」があります。
2つ目は、日高沖の「太平洋エリア」、3つ目は道南の「噴火湾エリア」となっています。
これら3つの場所があることによって、それぞれ旬が異なるためほぼ一年中北海道産の毛ガニが楽しめます。

よく冬に目にする毛ガニは、「太平洋エリア」のものが旬を迎えているため、その猟場で獲られた毛ガニを購入するのをおススメします。
また、「宗谷・オホーツクエリア」が産地の毛ガニは4月下旬に旬の最盛期となります。
その後、初夏〜夏にかけて道南の「噴火湾エリア」が最旬をを迎えるため、ほぼ一年間、毛ガニは旬のものが楽しめるカニとなっています。

夏のカニは、身がスカスカで美味しくなさそう・・・とお考えの皆様。
毛ガニは、猟場によって旬の時期が異なります。
真夏にも身がぷりぷりでカニ味噌の詰まったものを楽しむことが可能なため、ぜひ旬の産地を意識しながら商品を選んでみてくださいね。