北海道の毛ガニ

MENU

北海道産の毛ガニの代表的産地

殻つきのカニが食卓に並ぶと、一気に食卓が華やかになりますね。
様々な品種が販売されていますが、その中でも毛ガニは、タラバカニなどと比べると大きさも小ぶりでカニの身も少なめです。
しかし、甲羅の内側にはたっぷりと濃厚なカニ味噌が詰まっていて、お酒と一緒に楽しみたいカニのひとつでもあります。

さて、店頭などに並んでいる毛ガニは主に北海道産ですが、実は同じ北海道産でも時期によって猟場が異なることはご存知でしたか。
カニと言えば冬に旬を迎えるイメージが強いですね。
しかし、毛ガニの場合は、獲れる猟場によって旬の時期が異なるため、ほぼ一年中身の詰まったぷりぷりのカニが楽しめるのです。

主な北海道産の毛ガニは、大きく分けて4つのエリアから獲ることが出来ます。
1つ目は、「オホーツク産」のもので、稚内や雄武(おうむ)、網走、斜里(しゃり)などです。
2つ目は、「太平洋産」のものです。道東に位置する、釧路や厚岸(あっけし)、白糠(しらぬか)などが有名ですね。
3つ目は、「日高産」といって、主に日高沖で獲れたものを指します。
4つ目は、「噴火湾産」のもので、代表的な産地は虎杖浜(こじょうはま)です。

このように、毛ガニはあちこちの北海道近海で獲ることが出来て、さらにエリアによって旬の時期が異なる点が特徴です。
せっかく毛ガニを購入するなら、出来るだけ新鮮で美味しい旬のものを手に入れたいですよね。
そのため、購入する際はどの猟場で獲れた毛ガニなのかを確認し、それから商品を選ぶのをおススメします。