美味しい毛ガニの見分け方

MENU

美味しい毛ガニの見分け方

一般的に、スーパーなどで購入する毛ガニはすでにボイルされているものが多く、お店によっては手に取り見ることが可能です。
今回は、毛がにを購入する時に気を付けたいポイントについてご紹介します。

まず、毛ガニを選ぶ時は甲羅の色がきれいな紅色のものを選びましょう。
なんとなく発色がよくないものは、カニの鮮度が落ちている可能性があります。
他にも、カニの殻にフジツボが付いているようなものは、それだけ長く生きていたカニだということ。
この場合は、身が詰まっていて美味しい毛ガニの可能性があります。
また、他のカニと比べて殻の色ツヤが良くても、カニの甲羅が乾いた感じのするものは茹で過ぎの場合があります。
そうすると、身が塩辛く、カニのうまみが抜け出てしまっている可能性が高いため、美味しくありません。

次に、カニを手に取って見ることができる場合には、実際に持って重さを確認してみましょう。
見た目よりも重みを感じるようであれば、カニの中身がしっかりと詰まっている証拠です。
そして、そのままひっくり返して毛ガニのお腹を見てみましょう。
たいていのカニはお腹が黄ばんだ感じの白ですが、それが黒っぽくなっているようであれば注意が必要です。
これは、茹でた時にカニ味噌がしっかりと固まらず、成分が外ににじみ出てきているからです。
茹でが甘いので、カニも傷みやすくなっているから注意しましょう。
さらに、もしにおいが嗅げるようであれば、鼻に近付けて毛ガニの香りを嗅いでみると良いでしょう。
新鮮なものは、ほんのりとカニの匂いがします。あくまでも、ほんのりと、です。
これが、鮮度が落ちてくるとカニの匂いが強くなり、さらに腐敗臭がするものは絶対に購入すべきではありません。

このように、店頭で販売されているものは、上記のポイントを押さえて選ぶと美味しい毛ガニを購入することが出来ます。
ぜひ皆さんも、買う前に一度じっくりとカニを観察してみてくださいね。